【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがレイカーズのチャンピオンリング贈呈セレモニーに「涙した」

ドワイト・ハワードがレイカーズのチャンピオンリング贈呈セレモニーに「涙した」

元オールスターセンターのドワイト・ハワードは昨年夏にロサンゼルス・レイカーズに復帰し、チームの10年ぶりとなるNBAタイトル獲得に貢献した。

そのレイカーズのNBAチャンピオンリング贈呈セレモニーが現地22日に開催。

会場ではNBAチャンピオンを祝福する家族たちのサプライズ映像も上映され、ファンは不在ながらも感動的なセレモニーになった。

オフシーズン中にフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍したハワードは、セレモニーをテレビで見ていたという。ハワードのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

感謝している。

セレモニーを見て涙した。

(チャンピオンリングを)受け取るのが待ちきれないよ。

ハワードにとってレイカーズで過ごした昨季は多くの意味がある時間だった。

キャリアで初めてNBAチャンピオンに輝いたのはもちろん、かつて因縁があったコービー・ブライアントとの和解と彼の他界、子供の母親の死、NBA初となるバブル開催など多くのことがあったからこそ、ハワードがレイカーズでの時間を忘れることはないだろう。

なお、ハワードは現地2月22日にシクサーズの一員としてステイプルズセンターに凱旋する予定となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA