【スポンサーリンク】

ミッチェル・ロビンソンが出場時間に不満?

ミッチェル・ロビンソンが出場時間に不満?

NBAキャリア3年目を迎えているニューヨーク・ニックスのミッチェル・ロビンソンは、トム・ティボドーHC指揮下で先発センターのポジションを勝ち取った。

平均出場時間はNBAキャリアハイの29.6分を記録し、ますますの成長と貢献が期待されているロビンソン。

だが、ミッチェルは今の出場時間に満足していないのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ニックスが現地26日にユタ・ジャズに敗れた日の深夜、「いつか彼ら(ニックス)は僕をプレイさせるだろう」とSNS上に投稿したものの、すぐに削除したという。

ニックスはジャズに敗れたものの、ロビンソンの出場時間は30分41秒と今季平均を上回った。

ロビンソンがスタッツシートを見間違えたのか、それとも本当に出場時間に満足していないのかは分からないが、いずれにせよニックスの勝利に貢献したいという思いでいるのは間違いないだろう。

現在3連敗中のニックスが次に対戦するのは、NBAプレイオフ復帰のペースで進んでいるクリーブランド・キャバリアーズ。

キャブスはアンドレ・ドラモンドやジャレット・アレンなど強力なインサイドプレイヤーを擁するチームであるため、ミッチェルにはいつも以上に重要な役割が課されることになりそうだ。

なお、ミッチェルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数19146
平均出場時間29.622.8
平均得点9.18.5
平均リバウンド8.4
(キャリアハイ)
6.9
平均アシスト0.50.6
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット1.7
(キャリアワースト)
2.1
平均ターンオーバー0.70.6
FG成功率65.8%
(キャリアワースト)
71.0%
3P成功率
フリースロー成功率43.8%
(キャリアワースト)
56.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA