【スポンサーリンク】

ニックスがトレードでテリー・ロジアー獲得を狙う?

ニックスがトレードでテリー・ロジアー獲得を狙う?

NBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したニューヨーク・ニックスは、このオフシーズン中にロスターを強化すると見られている。

ニックスはポイントガードのグレードアップを最優先とし、デイミアン・リラードやロンゾ・ボール、カイル・ラウリーなど多くのNBAスターポイントガードを獲得候補リストに加えているというが、最も現実的なのはシャーロット・ホーネッツとのトレードなのかもしれない。

nbaanalysis.netによると、ニックスはホーネッツとのトレードでテリー・ロジアーを獲得すべきだという。

このトレードで提案されているのは、ニックスがセンターのミッチェル・ロビンソン、今年のNBAドラフト21位指名権、同じく今年のNBAドラフト32位指名権をホーネッツに放出し、ロジアーを獲得するというものだ。

ニックスのハーフコートオフェンスはランドルに頼りがちになっており、NBA屈指のスコアリング能力を持つロジアーを獲得することができれば、ランドルの負担は確実に軽くなるだろう。

一方のホーネッツはビッグマンの補強を必要としており、リムプロテクターとして高い能力を持ち、ラメロ・ボールとのコンビネーションも期待できるロビンソンは良いオプションとなるかもしれない。

また、ホーネッツはロジアー、ボール、デボンテ・グラハムとバックコートが飽和しつつあることも、トレードを後押しする材料と言えそうだ。

果たしてこのトレードは実現するのだろうか?

なお、ロジアーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数69404
平均出場時間34.524.7
平均得点20.4
(キャリアハイ)
11.5
平均リバウンド4.43.8
平均アシスト4.2
(キャリアハイ)
2.9
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
0.9
平均ターンオーバー1.91.2
FG成功率45.0%
(キャリアハイ)
41.0%
3P成功率38.9%37.6%
フリースロー成功率81.7%81.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA