【スポンサーリンク】

不調のリッキー・ルビオ「仲間たちが僕を助けてくれている」

不調のリッキー・ルビオ「仲間たちが僕を助けてくれている」

オフシーズン中のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに復帰したリッキー・ルビオには、若手たちのメンターとしての役割だけでなく、コート上でリーダーとしてチームメイトたちを牽引する働きも求められている。

だが、今季はNBAキャリアワーストのパフォーマンスにとどまっており、期待された役割をこなすことができていない。

ルビオによると、苦しい状況は理解している一方で、チームメイトたちからモチベーションをもらっているという。

ルビオは自身の現状について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は自分が思っているようなゲームができていない。

僕の仕事は最初に判断することだ。

ただ、今はプロセス。

僕が思うようにいかない時、このチームは本当に僕を助けてくれるし、僕のスピリットを高め続けてくれるんだ。

ルビオは現地14日のトロント・ラプターズ戦で16得点、5アシストを記録し、ウルブズの勝利に貢献。

ルビオが二桁得点を記録したのは現地12月29日のロサンゼルス・クリッパーズ戦(17得点)以来で、今季2度目だ。

現在ウェスタン・カンファレンス最下位のウルブズは同14位のサンダーと4.5ゲーム差と、NBAプレイオフ進出に早くも黄信号が灯っている。

ルビオにはラプターズ戦のパフォーマンスを維持し、ウルブズを引き上げる働きを期待したい。

なお、ルビオの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数25588
平均出場時間24.630.6
平均得点6.4
(キャリアワースト)
11.1
平均リバウンド3.4
(キャリアワースト)
4.2
平均アシスト6.27.7
平均スティール1.3
(キャリアワーストタイ)
1.8
平均ターンオーバー2.12.7
FG成功率35.9%39.0%
3P成功率24.5%
(キャリアワースト)
32.5%
フリースロー成功率84.1%84.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA