【スポンサーリンク】

グリズリーズがディロン・ブルックスとカイル・アンダーソンのトレードを回避?

グリズリーズがディロン・ブルックスとカイル・アンダーソンのトレードを回避?

ロスター過多にあるメンフィス・グリズリーズは先日、主力のディロン・ブルックスとカイル・アンダーソンをトレードで放出する可能性があると報じられている。

だが、少なくともNBA2021-22シーズン開幕までにトレードで放出することはないのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、グリズリーズが現時点でブルックスとアンダーソンをトレードで放出する兆候は見られないという。

ブルックスはジャ・モラントと共にグリズリーズを牽引する選手であり、3年3500万ドルというチームフレンドリーな契約を結んでいる。

グリズリーズにとってはお手頃な契約であるため、ロスターに残すのが賢明だろう。

一方、アンダーソンについては来季で契約が満了となるため、シーズン中のトレードで放出し、見返りを得る可能性があると噂されている。

いずれにせよ、ブルックスとアンダーソンにとって来季は需要なシーズンとなりそうだ。

なお、ブルックスとアンダーソンの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

D・ブルックスK・アンダーソン
出場試合数6769
平均出場時間29.827.3
平均得点17.2
(キャリアハイ)
12.4
(キャリアハイ)
平均リバウンド2.95.7
(キャリアハイ)
平均アシスト2.3
(キャリアハイ)
3.6
(キャリアハイ)
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
1.2
平均ターンオーバー1.81.2
FG成功率41.9%46.8%
3P成功率34.4%
(キャリアワースト)
36.0%
フリースロー成功率81.8%
(キャリアハイ)
78.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA