【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー「僕はフロッピングしていない」

ジミー・バトラー「僕はフロッピングしていない」

NBAは今季、シューティングモーション時のファウルルールを変更した。

これにより、通常のシュートモーションを逸脱してファウルを引き出そうとするプレイはノーファウル、もしくはオフェンシブファウルがコールされる。

ファウルをもらうスキルに長けているブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンやアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは特にこのルール変更の影響を受け、フリースローアテンプト数が激減。

だが、マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは例年と変わらないフリースローアテンプト数を獲得している。

バトラーによると、その理由はもともとフロッピングをしていないからだという。バトラーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はフロッピングしていない。

相手が実際に僕にファウルしているんだ。

もしファウルがコールされないならコールされない。

僕は大丈夫だよ。

ドライブからストップし、オープンな場所に行き、シュートを決める。

もしファウルをコールされなくても、文句を言うことはない。

オフィシャルがいつくかのコールを見逃したり、コールしないようにしていることを僕は知っている。

それで構わない。

それも試合の一部だからね。

昨季のバトラーは1試合平均8.0本のフリースローアテンプト数を記録。

今季は7試合を終えた時点で平均9.0本のフリースローアテンプト数を記録していることから、ルール変更の影響はバトラーにまったく及んでいないと言えるだろう。

バトラーはこれからも素晴らしいパフォーマンスでヒートを牽引するに違いない。

なお、今季7試合を終えた時点のバトラーのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数7640
平均出場時間34.133.1
平均得点25.017.5
平均リバウンド6.95.3
平均アシスト5.64.0
平均スティール2.91.6
平均ターンオーバー2.11.6
FG成功率51.3%45.9%
3P成功率33.3%32.7%
フリースロー成功率88.9%83.9%
フリースローアテンプト数9.06.3

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA