【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンの過去の発言が蒸し返される「僕は誰かと喧嘩したりしない」

ドレイモンド・グリーンの過去の発言が蒸し返される「僕は誰かと喧嘩したりしない」

NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンは、自身の考えを率直に言葉にするタイプの選手だ。

グリーンの発言には常に賛否両論あるものの、グリーンがウォリアーズにとって重要な選手のひとりであるのは間違いないだろう。

だが、ジョーダン・プールの顔面に全力パンチを見舞ったことにより、グリーンのウォリアーズでの未来が危ぶまれている。

そんな中、グリーンの過去の発言が蒸し返されている模様。fadeawayworld.netによると、グリーンは以前、自身のポッドキャストの中で次のように語っていたという。

君たちに説明させてほしい。

僕はバスケットボールをプレイしている。

バスケットボールコートに足を踏み入れた時、僕が誰かと喧嘩しようとすることはない。

僕は単純にバスケットボールのゲームに勝つためにそこにいるんだ。

グリーンは癇癪持ちとしても知られており、これまで何度もテクニカルファウルをコールされてきた。

もし今回の問題がNBAゲームの中で起きていたら、NBAはグリーンに相当重い処分を下していただろう。

つまり、ウォリアーズは出場停止処分ではなく罰金処分を科すと報じられているが、ウォリアーズファンを納得させるのは難しいかもしれない。

なお、グリーンの上記コメントが蒸し返されると、NBAファンはSNS上でこう反応している。

「あいつは嘘をついていた」

「あまりに滑稽すぎる」

「ニューメディアが君を調理するだろう」

「ドレイモンド・グリーンは口をだすべきではなかった」

「ツイッターはドレイモンド・グリーンをバッシングするための場所だ」

「彼はいつも道化師だ」

「いま見ても笑えてしまう」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA