【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードがオフィシャルのコールに「受け入れ難い」

デイミアン・リラードがオフィシャルのコールに「受け入れ難い」

ポートランド・トレイルブレイザーズは現地10日、ロサンゼルス・クリッパーズに8点差で敗れ、連勝は2でストップした。

この日はNBAオールスターガードのデイミアン・リラードが今季ベストとなる27得点を記録したものの、フリースローアテンプト数はわずか1本。

リラードによると、何度もファウルを受けていたにもかかわらず適切にコールされなかったという。

リラードはクリッパーズ戦のオフィシャルについて以下のように指摘。Sports Illustratedが伝えている。

この試合のオフィシャルのやり方は受け入れ難い。

大きな話にはあまりしたくないが、見落とされていたんだ。

ルール変更の影響は僕にはないと思う。

なぜなら、僕はレフェリーを欺こうとしていないからね。

レフェリーを欺くようなプレイはしていない。

ただ受け入れ難い。

NBAは今季からシューティングモーション時のファウルルールを変更している。

ブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンやアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングなどファウルをもらうスキルに長けたNBA選手は特にルール変更の影響を受けているという。

リラードもそのひとりであり、リラードの昨季の平均フリースローアテンプト数は7.2本だったのに対し、今季は半分以下の3.2本にとどまっている。

これはNBAキャリアワーストとなる数字だ。

今季のリラードはルーキーシーズン以来ワーストとなる平均19.3得点にとどまっているが、ルールがすぐに変わることはないため、新たなルールにアジャストしなければならないだろう。

果たしてリラードは昨季までのようなパフォーマンスを取り戻せるのだろうか?

なお、リラードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数11693
平均出場時間34.536.3
平均得点19.324.6
平均リバウンド3.94.2
平均アシスト8.3
(キャリアハイ)
6.6
平均スティール0.7
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー2.52.8
FG成功率36.5%
(キャリアワースト)
43.7%
3P成功率25.5%
(キャリアワースト)
37.3%
フリースロー成功率85.7%89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA