【スポンサーリンク】

エネス・カンター「僕のすぐそばを通り過ぎたのはレブロン・ジェイムスのほう」

エネス・カンター「僕のすぐそばを通り過ぎたのはレブロン・ジェイムスのほう」

ボストン・セルティックスのベテランビッグマン、エネス・カンターは先日、NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスを批判した。

ナイキと契約しているジェイムスが中国の問題について一切触れていないためだ。

だが、ジェイムスは先日のボストン・セルティックス戦終了後に「彼(カンター)にエネルギーを使うつもりはない」、「廊下で僕のすぐそばにいたのに何も言ってこなかった」などと指摘した。

それを知ったカンターが、ジェイムスの主張に反論した模様。

カンターによると、何も言わなかったのはジェイムスのほうだったという。カンターのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

まず第一に、このストーリーのことは僕のアシスタントコーチも知っている。

トンネルにいた時、彼は僕の後ろにいたからね。

僕はひとりの子供と写真撮影するために足を止めたんだ。

彼(ジェイムス)を追い越したのは僕ではない。

彼は僕のすぐそばを文字通り通り過ぎていった。

何も言わずにね。

また、カンターによると、ジェイムスが社会正義について声をあげるのは単なるパフォーマンスであることを、ジェイムスのチームメイトたちから聞いたという。

カンターが最も懸念しているのは、ジェイムスが中国に対する立場をあやふやにしていることだろう。

ジェイムスが立場をはっきりさせない限り、カンターの批判が止まることはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA