【スポンサーリンク】

デマー・デローザン「ここ数年の僕は終わったと言われていた」

デマー・デローザン「ここ数年の僕は終わったと言われていた」

2009年のNBAドラフト9位でトロント・ラプターズに入団したデマー・デローザンは、ラプターズの顔として長年にわたって活躍した。

だが、サンアントニオ・スパーズにトレードで移籍すると、ラプターズ時代と比較して影が薄くなってしまった。

デローザンによると、トレードでスパーズに移籍してからは「終わった選手」として見られていたという。デローザンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ここ数年、人々は僕のことを「終わった」と言っていた。

僕がシカゴとサンアントニオにはフィットしないと言っていた。

僕はどんなことでもモチベーションに変えることができるんだ。

ただ勝者になりたい。

この旅を楽しみたいだけさ。

ブルズ移籍当時はNBA屈指のスコアラーであるデマー・デローザンとのボールシェアが懸念されたものの、デローザンとラビーンはうまく共存。

今季のデローザンはNBAキャリアベストに迫る平均25.8得点を記録するなど、ラビーンと共にブルズを牽引している。

再び注目され始めたデローザンは再びNBAオールスター選手となり、ブルズをNBAプレイオフ進出に導くだろう。

なお、デローザンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数19900
平均出場時間35.134.1
平均得点25.820.3
平均リバウンド5.24.4
平均アシスト4.33.8
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー2.22.1
FG成功率48.0%46.1%
3P成功率32.7%28.2%
フリースロー成功率89.7%
(キャリアハイ)
83.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA