【スポンサーリンク】

ブレイザーズがトレードによるジェラミ・グラント獲得を真剣検討?

ブレイザーズがトレードによるジェラミ・グラント獲得を真剣検討?

NBAオールスターポイントガードのデイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは、今年夏にロスターを再構築すると見られている。

ブレイザーズはリラードを中心とし、リラードをサポートできる選手を集めると噂されているが、デトロイト・ピストンズのフォワードに注目し続けているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ブレイザーズはNBAキャリア8年目のジェラミ・グラントに関心を持っており、トレードオファーを出すことを真剣に検討しているという。

ブレイザーズはシーズン中のトレードでCJ・マッコラムやノーマン・パウエル、ロバート・コビントンといった主力選手たちを放出。

彼らをトレードで放出したことはブレイザーズのロスター再構築への覚悟を意味しており、来季はこれまでとまったく異なるロスターで戦うと予想されている。

ブレイザーズは先月のトレード期限前にもピストンズに接触し、グラント獲得を狙ったものの失敗。

だが、ブレイザーズはこの夏、マッコラムのトレードで獲得した2022年のNBAドラフト1巡目指名権をトレードパッケージに含めるという。

ピストンズは若手中心に再建中のNBAチームであるため、NBAドラフト1巡目指名権は魅力的なオプションになるだろう。

なお、グラントの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数45553
平均出場時間32.726.1
平均得点19.511.4
平均リバウンド4.03.9
平均アシスト2.41.3
平均スティール1.0
(キャリアハイ)
0.6
平均ブロックショット1.11.1
平均ターンオーバー1.81.1
FG成功率42.4%45.2%
3P成功率35.5%34.8%
フリースロー成功率83.7%72.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA