【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「ラプターズファンは僕の心を変えた」

ジョエル・エンビード「ラプターズファンは僕の心を変えた」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスタービッグマン、ジョエル・エンビードは、トロント・ラプターズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第6戦でラプターズファンから「ファッ○・エンビード!」と強烈なチャントを浴びた。

エンビードが第3Q中にクリス・ブーチェと一触即発の状況になったためだ。

https://www.youtube.com/watch?v=KVAYnRzEHOM

そして第4Q終盤、エンビードはリードを29点に広げるダンクを決めると、両腕を広げてエアプレーンセレブレーションを披露。

その直後にパスカル・シアカムと接触し、眼窩骨折と軽い脳震盪を起こしてしまった。

通常であれば、敵対するチームのファンとはいえ、負傷してロッカールームに戻る選手を拍手で激励するものだが、ラプターズファンは大歓声をあげた。

これによりエンビードのラプターズファンに対する印象は変わってしまったのかもしれない。

https://twitter.com/SnowmanEmbiid/status/1519850496042975238

larrybrownsports.comによると、エンビードはマイアミ・ヒートとのカンファレンスセミファイナル第3戦を終えた後、ラプターズファンについて次のように指摘したという。

彼ら(ラプターズ)には素晴らしいファンがいる。

僕は常にそう思っていた。

だが、彼らは僕の心を変えてしまった。

僕がエアプレーンセレブレーションをしたから、彼らは怒り狂ったんだろうね。

エンビードが負傷した時、ラプターズの実況アナウンサーも歓喜の声をあげていたという。

エンビードは2019年のNBAプレイオフでラプターズと対戦した時、カワイ・レナードに逆転弾を許し、涙を流した。

エンビードにとってトロントは苦い思い出がある地だが、今回の件でエンビードのラプターズファンに対する敵対心は強まってしまったのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA