【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントのトレード再要求は逆効果?

ケビン・デュラントのトレード再要求は逆効果?

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターフォワード、ケビン・デュラントは、先週末にオーナーのジョセフ・ツァイとロンドンで面会し、トレードを再要求したと報じられた。

デュラントは1ヶ月以上前にトレードを要求したものの、ネッツは他チームに対して相当な見返りを突きつけているため、現在もトレードが実現する気配はない。

デュラントはこの状況に苛立ち、ツァイにトレードを再要求したと見られているが、これによりデュラントのトレードはますます難しくなってしまったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、デュラントのトレード再要求がトレードを促進させることはなく、逆にトレード価値を傷つけてしまったという。

デュラントはツァイと面会した際、「僕をトレードで放出するか、スティーブ・ナッシュHCとショーン・マークスGMを解雇するか」選択を迫ったと報じられている。

もし他のNBAチームがデュラントをトレードで獲得した場合、デュラントがフロントオフィスに不満を持ち、再びトレードを要求する可能性も否定できない。

チームにとってそれは好ましいことではない。

つまり、デュラントを獲得するチームは一定のリスクを背負うことになるだろう。

デュラントはネッツのトレーニングキャンプに参加しない可能性があると報じられているが、ネッツが要求を引き下げない限りトレードが実現することはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA