【スポンサーリンク】

トレイシー・マグレディがコービ・ブライアントとの思い出を語る「ジェットコースターで・・・」

トレイシー・マグレディがコービ・ブライアントとの思い出を語る「ジェットコースターで・・・」

コービー・ブライアントとトレイシー・マグレディは、NBA屈指のスコアラーとして活躍した偉大な選手だ。

ブライアントとマグレディはコートではライバルとして、コートの外では良き友人として絆を築いたというが、マグレディにはどうしても許せなかったことがあった模様。

マグレディによると、ブライアントとオフシーズン中にパリのディズニーランドを訪れたものの、嫌いなジェットコースターに無理やり乗せられたという。

マグレディは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

コービーは一度だけ僕をすごく怒らせたことがある。

パリのディズニーワールドに一緒に行った時のことだ。

僕は食事を済ませたところだったが、彼はローラーコースターに乗りたがっていた。

僕は乗りたくなかった。

ローラーコースターは好きではないからね。

それなのにあの男は「一緒にローラーコースターに乗ってくれ」と言い続けたんだ。

僕は乗った。

降りた後にコービーの首を絞めたくなったよ。

すごく気持ち悪くなってしまったし、そのせいで一日がダメになってしまったんだ。

ブライアントはマグレディにしばしばちょっかいを出し、マグレディに「時間の無駄だから夏は体育館に行くな」と挑発したところ、マグレディはブライアントの言葉を受け入れずに体育館に行くと、ブライアントがひとりでワークアウトしていたこともあったという。

コート上では常にタフなメンタルで戦い続けたブライアント。

だが、マグレディにとっては良きライバルであると同時に、お茶目な友人だったに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す