【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがジェイムス・ハーデンに皮肉?「僕たちに中途半端な人間はいない」

カイリー・アービングがジェイムス・ハーデンに皮肉?「僕たちに中途半端な人間はいない」

ブルックリン・ネッツは現地15日に若手中心に再建中のオクラホマシティ・サンダーに敗れ、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラント離脱後の2試合を2敗とした。

昨季の今頃もデュラントが怪我により離脱し、10連敗するなど著しく調子を落としたネッツだったが、当時はジェイムス・ハーデンのトレード要求も重なり、ネッツは不安定なロスターでの戦いを強いられていた。

そのため、サンダー戦を終えた後のアービングの発言がハーデンに対する皮肉として捉えられてしまった模様。

アービングはサンダーに敗れた後、デュラント不在のネッツについて次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はコンスタントにラインナップにいるし、チームを助けることができる。

それにこのロッカールームに中途半端な人間はいない。

ハーデンはトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した後、ネッツのラインナップが安定していなかったことに苦言を呈した。

それがアービング批判として受け取られていたため、今回のアービングの発言はハーデンに向けた皮肉と捉えられてしまったのかもしれない。

だが昨季の同時期はアービングも接種拒否によりホームゲームでプレイすることができず、ネッツを十分に助けることができなかった。

つまり、アービングの今回の発言は自己否定とも考えられるが、いずれにせよ昨季の繰り返しとならないことを祈るばかりだ。

なお、デュラント離脱後のアービングのスタッツは以下の通りとなっている。

BOS戦OKC戦
出場時間38:0138:08
得点2415
リバウンド26
アシスト66
スティール11
ブロックショット11
ターンオーバー23
FG成功率37.5%
(9/24)
35.0%
(7/20)
3P成功率27.3%
(3/11)
14.3%
(1/7)
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
+/--11+4

【スポンサーリンク】

コメントを残す