【スポンサーリンク】

MVP候補のルカ・ドンチッチが海外出身のNBA選手について「以前よりリスペクトされている」

MVP候補のルカ・ドンチッチが海外出身のNBA選手について「以前よりリスペクトされている」

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

近年のNBAではドンチッチやミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードのように海外出身の選手が躍進している。

一昔前のNBAでも海外出身のNBA選手はいたが、海外出身のNBA選手が何人もMVP候補に挙がるようなシーズンはなかった。

ここ数年のNBAは海外出身の選手たちが牽引していると言っても過言ではないだろうが、ドンチッチによると、海外出身に対する人々の接し方が変わってきたのを感じているという。

ドンチッチは海外出身のNBA選手について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たち(海外出身のNBA選手)は、以前よりリスペクトされるようになったと思う。

今は海外出身の選手がたくさんいるし、人々は素晴らしいバスケットボール選手たちを見て楽しんでいるよね。

どこ出身かはもう関係ない。

人々はただ楽しんでいるんだ。

ドンチッチは以前、NBA入りする前にコービー・ブライアントから「気をつけろ。彼ら(NBA選手たち)は君を狙ってくるだろう。なぜなら、君がヨーロッパ出身だからだ。彼らは君を狙いにくるだろう」とアドバイスされたことを明かした。

だが、今はNBA選手たちも海外出身の選手たちに対等に接し、しのぎを削っているように見える。

今年のNBAドラフトではビクター・ウェンバニャマが上位指名されると見られており、海外出身選手たちの勢力はますます拡大するだろう。

現在はヨーロッパ中心ではあるものの、いずれはアフリカやアジアなどその他の地域出身のNBA選手が増え、NBAはよりインターナショナルなバスケットボールになるに違いない。

なお、現時点でのMVPレーストップ10選手は以下の通りとなっている。

順位選手所属
1ニコラ・ヨキッチデンバー・ナゲッツ
2ルカ・ドンチッチダラス・マーベリックス
3ジェイソン・テイタムボストン・セルティックス
4ヤニス・アンテトクンポミルウォーキー・バックス
5ジョエル・エンビードフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
6ケビン・デュラントブルックリン・ネッツ
7ジャ・モラントメンフィス・グリズリーズ
8ドノバン・ミッチェルクリーブランド・キャバリアーズ
9ジェイレン・ブラウンボストン・セルティックス
10シェイ・ギルジアス・アレクサンダーオクラホマシティ・サンダー

【スポンサーリンク】

コメントを残す