【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが選手たちに対する退場処分について「好ましくない」

ドレイモンド・グリーンが選手たちに対する退場処分について「好ましくない」

現在開催中のNBAプレイオフ・ファーストラウンドでは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが退場処分と出場停止処分を、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジェイムス・ハーデンがフレイグラントファウル2による退場処分を、ブルックリン・ネッツのニコラス・クラクストンが2度のテクニカルファウルによる退場処分を科された。

彼らはチームの主力選手であり、彼らがラインナップを抜けた場合、戦力に大きく影響するだろう。

グリーンによると、選手に退場処分や出場停止処分を科すことは、ファン目線で良いことではないという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

選手が出場停止になるのは絶対に好ましくない。

選手が退場させられるのは絶対に好ましくない。

責任がある。

これはプレイオフバスケットボールなんだ。

ニック・クラクストンはリーグのMVPであるジョエル・エンビードに立ち向かった。

彼の上からダンクを決めたら、力を誇示すべきだ。

なぜなら、彼(エンビード)が40得点を記録したら、彼は君の顔を見て力を誇示するだろうからね。

僕も同じことをやる。

金を払って来てくれているファンが、「なぜ彼は力を誇示しているのか?」と思うことはない。

そう断言する。

僕はひとりのファンとして(ハーデンとクラクストンの退場に)すごくがっかりしてしまった。

そう主張したグリーンだが、少なくともこのNBAプレイオフ期間中にルールが変わることはない。

とはいえ、他のNBA選手たちがこの件についてどう考えているのか知りたいところだ。

なお、近年のNBAでは選手とオフィシャルの間の信頼関係が崩れつつあり、軽いコールが散見されることにより「ゲームがソフトになった」という指摘も多く見られる。

いずれにせよ、グリーンが自制心を失わずにプレイし、ウォリアーズに問題をもたらさないことを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す