【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがレブロン・ジェイムスに反論?

ケンドリック・パーキンスがレブロン・ジェイムスに反論?

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスは、先日公開された「The Shop」の新たなエピソードの中で最も嫌なNBAチームのファンを明かした。

ジェイムスによると、最もプレイしたくない場所はボストンであり、セルティックスのファンはどんなことでも言う「レイシスト」だという。

この件について、元NBA選手で元セルティックスのケンドリック・パーキンスが言及した模様。

パーキンスはジェイムスの発言を受け、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

人種差別はどこにでもある。

僕はあそこで8年半過ごした。

僕がセルティックスにいたからなのかもしれないが、人種差別のような経験はしなかった。

ボストンのファンは一線を越えるし、無礼なことをやられると汚い手を使う。

レブロンがビールを投げつけられたことがあると話したように、物を投げることもある。

僕は多くの選手から「ボストンはレイシストだ」と聞いている。

だが、人種差別はどこにでもある。

ただし、こう言わせてくれ。

敵対するチームがボストンに来ると、あのファンはあまりに失礼なことをやるんだ。

最近のセルティックスファンの強烈なチャントと言えば、やはりゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルでドレイモンド・グリーンに浴びせた罵声だろう。

近年のNBAではファンの行き過ぎた行為が問題となることも少なくないが、セルティックスファンはこれからも敵対するチームと選手を手荒く歓迎するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA