ジョージ・カールHC 皮膚ガンの手術を受けたことを明かす

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのジョージ・カールHCは先日、咽頭ガン関連の手術を受けたとされていた。

だが、咽頭ガンではなく、皮膚ガンを発症していたようだ。

the Sacramento Beeによると、カールHCは首に扁平上皮ガンの発症が認められたものの、そのサイズは極めて小さく、健康上特に問題は見られないという。

カールHCは自身の状態について次のようにコメントしている。

「(ガンは)ニッケルほどのサイズだった。1週間から10日間程度、私は安静にしてなきゃいけなかったんだ」

また、日本時間12日に行われるオーランド・マジックとのホームゲームではベンチに座ることを明言した模様。

カールHCはこれまでにも前立腺ガンと咽頭ガンを患った経緯があるため、健康上の問題が心配されるところだが、今回については問題視していないようだ。

一方、カールHCとデマーカス・カズンズの間には再び亀裂が生じたと噂されており、「チームに有害な行為」と行ったとし、キングスはカズンズに1試合の出場停止処分を科した。

そのため、カズンズはマジック戦に出場できない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA