【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「ルー・ウィリアムスは常にクローザー」

ロサンゼルス・クリッパーズはこの夏、NBAを代表するスーパースターのカワイ・レナードとポール・ジョージの獲得に成功した。

クリッパーズを指揮するドック・リバースHCは昨季、クラッチタイムにはルー・ウィリアムスにボールを持たせていたが、レナードとジョージが加わったことにより、誰にクローザーを任せるのか注目が集まるところ。

ただ、リバースHCは特定のプレイヤーに毎試合クローザーをさせるのではなく、ケースバイケースで変えていくようだ。

クローザーについて質問されたリバースHCは次のように返答。hoopsrumors.comが伝えている。

「ルーは常にクローザーになるだろう。ただ、誰がクローザーになるかということ以上に、どんなクロージングプレイをするかということだ」

「誰がクローザーなのか、みんな分かってると思う。(クローザーが)複数いるということは、非常に良いことだ。今はクロージングラインアップ、クロージングセット、クロージングフォーメーションさ」

おそらく当たっているプレイヤーにボールをショットを撃たせると思われるが、そこに至るまでのシステムが重要になる。

とはいえ、レナード、ジョージ、ウィリアムスのいずれかがクローザーになるのは間違いないだろう。

クリッパーズが実績を残せなければリバースHCに批判の矛先が向けられる可能性があるだけに、リバースHCにとって来季は強いプレッシャーを感じるシーズンともなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA