【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワードがオプション破棄で長期契約を狙う?

ベテランビッグマンのアル・ホーフォードは昨年夏、プレイヤーオプションを破棄して完全FAになり、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと4年1億900万ドルの大型契約を手にすることに成功した。

シクサーズでは十分なパフォーマンスを見せることができていないものの、契約の面では成功だったと言えるだろう。

ホーフォード陣営が採用したこの戦略を、ゴードン・ヘイワード陣営も取り入れることになるかもしれない。

masslive.comによると、ヘイワードのエージェントはホーフォードの際に採用した戦略を検討しており、オプションを破棄してFAになり、長期契約を狙う可能性があるという。

ただし、キャップスペースに余裕があるNBAチームが少ないため、サイン&トレードになるとも報じられている。

元オールスターのヘイワードは現在30歳。

3年前に負った悲惨な怪我から復帰した直後は精彩を欠いたものの、NBA2019-20シーズンはキャリアベストのFG成功率を記録するなど復調の兆しを見せた。

来年夏は多くのスタープレイヤーがFAになると見られているため、このオフに勝負を仕掛けるのは賢い判断なのかもしれない。

なお、ヘイワードの2019-20シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数52641
平均出場時間33.530.8
平均得点17.515.3
平均リバウンド6.7
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト4.13.5
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー1.82.0
FG成功率50.0%
(キャリアハイ)
45.1%
3P成功率38.3%36.6%
フリースロー成功率85.5%
(キャリアハイ)
82.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA