【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがジェイムス・ハーデンに「愛が失われることはない」

カイリー・アービングがジェイムス・ハーデンに「愛が失われることはない」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは、現地10日のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。

ハーデンはネッツでの役割に不満を感じ、自らトレードを要求したと報じられているが、ハーデンとの関係悪化が噂されているカイリー・アービングによると、ハーデンに対する愛はこれからも変わらないという。

アービングはハーデンについて次のようにコメント。The New York Postが伝えている。

ロッカールームで不幸を感じていたかどうかは、僕は分からない。

だが、ヒントはあった。

僕たちは彼の成功を祈っている。

彼が最終的に成功を収められることを祈っている。

今は新しく入ってくる男たちと共に前に進む時だ。

僕たちは興奮している。

僕は皆に幸せになってほしいし、やりたいことをやってもらいたいと思っているし、成功できると感じるところにいてほしいと思っている。

彼(ハーデン)にとって、それは僕たちがいるここではなかったのかもしれないね。

彼は決断を下した。

僕たちはそれをリスペクトしている。

愛が失われることはないよ。

ネッツのゼネラルマネージャーを務めるショーン・マークスによると、ハーデンはトレード期限の数日前からオーナーのジョセフ・ツァイや指揮官のスティーブ・ナッシュなどとコンタクトをとり、双方とも腹を割って話をしたという。

ハーデン、アービング、ケビン・デュラントはNBAタイトル獲得を目指して結集したものの、3人が揃って出場したのはわずか16試合だった。

ハーデンはNBAオールスタービッグマンのジョエル・・エンビードを新たな相棒とし、ネッツで成し遂げられなかったNBAタイトル獲得に向けて全力を尽くすことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA