【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「NBAで重要なのはスキルではない」

ヤニス・アンテトクンポ「NBAで重要なのはスキルではない」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

これまでNBAチャンピオンやファイナルMVP、レギュラーシーズンMVP、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーなど数々の賞を受賞し、スーパースターの座を確固たるものとしたアンテトクンポ。

だが、「アンテトクンポはスキルが十分ではない」という指摘も少なくない。

しかし、アンテトクンポによると、NBAで生き抜くにあたり、必ずしもスキルは重要ではないという。アンテトクンポのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

偉大な選手になるためには、スキル以上のものが必要だ。

人々はそれを理解していない。

この地球で最もスキルある選手になれたとしても、NBAでプレイできるわけではない。

NBAで重要なのはスキルではない。

勝利のためにはもっと多くのことが必要だ。

一貫性だ。

レブロン・ジェイムスはこのリーグで20年目になる。

レブロンは一貫している。

彼は素晴らしい20年を送っている。

MJ(マイケル・ジョーダン)で言うなら、エッジだ。

より良い選手になるためには、執念を持つことも重要だ。

コービー(・ブライアント)の執念。

ステフ(・カリー)やKD(ケビン・デュラント)はスキルだけではないんだ。

僕は最もスキルがある選手ではない。

それは言える。

僕にバンクショットはないし、ドリブルもない。

ただ、僕はすごく良いパサーだと信じているし、チームメイトたちへのパスのスキルは過小評価されていると思う。

だが、それが僕の一番の才能なんじゃないかな。

僕が他の選手より一歩先にいるのは、ゲームに対する執念と自制心があるからだと思う。

スキルではない。

分かるかい?

フィジカルに恵まれたアンテトクンポは、インサイドで絶対的な力を発揮する。

ポイントガードのようなドリブルスキルが必要ないのは、身をもって実感しているのだろう。

アンテトクンポはこれからも執念を持ち続け、NBAをリードしていくに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA