【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「僕たちはハードにプレイしていない」

カイリー・アービング「僕たちはハードにプレイしていない」

NBAスターのカイリー・アービング、ケビン・デュラント、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツには、悲願のNBAタイトル獲得の期待がかかっている。

だが、プレシーズン初戦のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦は19点差で、プレシーズン2試合目のマイアミ・ヒート戦は29点差で大敗。

選手全員が揃っていないとはいえ、この結果に不満を感じているネッツファンは少なくないだろう。

アービングによると、ネッツが不甲斐ない戦いにとどまっているのはゲームへのアプローチに問題があるからだという。

アービングはネッツについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

正直に話すと、僕たちはいくつかのポゼッションでハードにプレイしていないと思う。

皆が同意できることじゃないかな。

君たちも先日のマイアミ戦でそう感じたと思う。

彼らは本当にフィジカルだった。

僕たちはこのリーグで(ソフトの)烙印を押されることを望んでいない。

全員が互いを理解しているが、一般的には最もフィジカルなチームが勝つものだ。

特に競っている試合はね。

だから、僕たちはもっとタフにならなければならない。

ここ数年、人々は僕たちの弱みを口にしているが、僕たちはその評価を消し去りたい。

弱みを強みに変えたい。

それは良い習慣を身につけ、ゲームの中で発揮するところから始まる。

言葉にしているだけでは解決しない。

行動に移さなければならないんだ。

昨季をマイアミ・ヒートで過ごしたマーキーフ・モリスは先日、昨季のネッツについて「ソフトだった」と指摘した。

指揮官のスティーブ・ナッシュHCもネッツにはメンタルの強さが欠けていると感じているというが、ネッツは約1週間後に迫ったNBA2022-23シーズンまでに調子を上げることができるだろうか?

なお、ナッシュHCはネッツのメンタルについて次のように語っている。

メンタリティについては常に話をしている。

毎日話している。

我々は最もフィジカルなチームではないことを認識している。

だが、時にはフィジカルなチームにならなければならない。

それは時間をかけて築いていくものであり、一夜にして築けるものではない。

フィジカルであり続けるためには、タフなメンタルを持たなければならない。

タフなメンタルは正しい習慣を続けることで築くことができる。

毎日やっていかなければならないんだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    自分勝手でチームのために動かないやつに偉そうに言われても

*

CAPTCHA