【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがヤニス・アンテトクンポに「なぜ試合後にシュート練習するんだ?」

シャキール・オニールがヤニス・アンテトクンポに「なぜ試合後にシュート練習するんだ?」

ミルウォーキー・バックスのNBAオールスターフォワード、ヤニス・アンテトクンポは、現地18日に行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦でフリースロー15本中4本、成功率26.7%に終わると、試合後にウェルズファーゴセンターでフリースローの練習に取り組んだ。

その時モントレズ・ハレルとの間に問題が起きてしまったわけだが、NBAレジェンドのシャキール・オニールによると、試合後にシュート練習に取り組む意味が分からないという。

オニールはアンテトクンポが試合後にフリースローの練習に取り組んだことを受け、次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

僕が疑問に思っているのは、なぜ試合後にシューティングをするのかということだ。

そうすることで何を証明するんだ?

試合は終わったんだ。

それで終わらせろ。

試合で10本中2本しか決められずに負けたのに、試合後に10本中8本決める?

それで何を証明するんだ?

証明することは何もないよ。

そう指摘したオニールだが、近年のNBAではファウルゲームが多く、フリースローが明暗を分けることも少なくない。

特に相手から常に激しく接触されるアンテトクンポなら、フリースローの重要性はなおさらだろう。

アンテトクンポも何かを証明するためにフリースロー練習に取り組んだわけではなく、常にステップアップを心掛けているからこそ、試合後に練習に取り組んだに違いない。

なお、アンテトクンポはシクサーズ戦の後の3試合でフリースロー成功率60.0%(21/35)を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    バスケの神になれる体を持ちながらなれなかった男。

  2. By 匿名

    ヤニスのように試合後にもシュート練習してたら
    あんたの壊滅的なFTもすこしは改善したろうよ…

コメントを残す