【スポンサーリンク】

レイカーズはカイリー・アービング獲得計画を完全に撤廃か?

レイカーズはカイリー・アービング獲得計画を完全に撤廃か?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングが昨年夏にオプションを行使し、トレードの噂が浮上した時、NBAオールスターのレブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズがアービング獲得に動くと噂されていた。

レイカーズはラッセル・ウェストブルックをトレード要員としてアービング獲得を狙うと噂されていたが、トレードは実現しなかった。

それでもレイカーズはアービングを諦めず、完全FAになる今年夏に再度狙うと噂されていたものの、もはやレイカーズのアービングに対する関心は失われたのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはアービングではなく、シカゴ・ブルズのザック・ラビーン獲得に専念する可能性があるという。

レイカーズは先日のトレードで獲得した八村塁とこの夏に再契約すると見られている。

また、オースティン・リーブスとの再契約も控えており、そのうえでマックス契約を結んだばかりのラビーンを獲得するとなると、アービングに大型契約をオファーするのは難しいだろう。

一方、アービングのエージェントは先日、ネッツとの延長契約に応じる可能性があることを示唆した。

だが、アービング側は長期契約を望んでいる一方で、ネッツ側は1年プラスプレイヤーオプション、もしくは2年の短期契約を望んでいるというから、交渉は難航するだろう。

なお、ラビーンはレブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスと同じクラッチスポーツとエージェント契約を結んでいることも、ラビーンとレイカーズの結びつきを強くしている。

とはいえ、すべては今季の結果次第となりそうだ。

ラビーンとアービングの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

Z・ラビーンK・アービング
出場試合数4538
平均出場時間35.737.1
平均得点23.827.3
平均リバウンド4.65.1
平均アシスト4.15.3
平均スティール1.01.0
(キャリアワースト)
平均ターンオーバー2.42.3
FG成功率46.1%48.7%
3P成功率37.4%37.7%
(キャリアワースト)
フリースロー成功率84.1%88.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す