ドワイト・ハワード「ドレイモンド・グリーンはすべてをやってる」

【PR】

元オールスターセンターのドワイト・ハワードは、オーランド・マジックを離れて以降難しい時間が続いている。

度重なる怪我にも悩まされ、移籍を繰り返しているハワード。

だが、33歳のハワードはオールスターだった過去とエゴを捨て去り、闘志を前面に押し出したパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。

ハワードは自身について次のようにコメント。heavy.comが伝えている。

「チームが求めるなら、どんなものにもなりたい。これまであらゆるシチュエーションでプレイしてきた。以前はドレイモンド(・グリーン)のプレイが本当に嫌いだったけど、プレイオフでの彼を見て気付いたんだ。彼はチームのためにすべてをやってるということにね」

「彼はどこにでもいる。テクニックがあるし、チャージングもとる。ディフェンスの時、どこにでもいるんだ。それに声を出してる。すべてをやってる。スタッツシートには表れないことだけど、見てるみんなの意識に残る。そんな人間になりたいんだ」

グリズリーズはハワードを放出する見込みだが、経験あるベテランであり、かつ安価で獲得できるであろうハワードに興味を持つチームは現れるだろう。

かつてコーヒー・ブライアントやジェイムス・ハーデンと自我をぶつけ合い、共存できなかったハワード。

新たなチームでは重要なピースのひとつなり、勝利に貢献してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】