【スポンサーリンク】

カワイ・レナードが保護マスク着用について「息苦しい」

カワイ・レナードが保護マスク着用について「息苦しい」

ロサンゼルス・レイカーズのカワイ・レナードが、現地30日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で保護マスクを着用して復帰した。

レナードは先日の試合中にチームメイトのサージ・イバカと衝突した際、口の中に8針縫う裂傷を負った。

保護マスクを着用するほとんどのケースは鼻や頬など顔の一部を負傷した時であり、レナードのように口の中の裂傷で着用するケースは滅多にない。

そのため、レナードは保護マスクが合っていないと感じているようだ。

レナードは復帰戦で着用した保護マスクについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

怪我した場所の問題だ。

他とは少し違う。

頬の骨折や鼻の骨折で着用する選手もいるが、僕の場合は縫ったところに何かが当たったり、怪我した部位が避けたりしないように保護するためなんだ。

だから、他とはシナリオが異なる。

知っての通り、唇と頬、顎を守ろうとしている。

難しいよ。

息苦しい。

なぜなら、口をあまり露出することができず、口を穴まで持っていって呼吸しなければならない。

改良しなければならないが、(ブレイザーズ戦では)うまくいった。

マウスピースか何かが必要かもしれないね。

レナードはしばらく保護マスクを着用してプレイする予定だが、クリッパーズはレナードが容易に呼吸できるようマウスピースタイプの保護アイテムの用意を検討するだろう。

とはいえ、しばらくは痛みに耐えながらプレイすることになりそうだ。

なお、イバカとポール・ジョージは保護マスクを着用したレナードに「レザーフェイス」というニックネームを付けたことを明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA