【スポンサーリンク】

エバン・フォーニエがファウルルール改正について「NBAは正しい方向に進んでいる」

エバン・フォーニエがファウルルール改正について「NBAは正しい方向に進んでいる」

NBAは今季からシューティングモーション時のファウルのルールを改正した。

シューティングモーションを逸脱し、故意にファウルをもらおうとする行為はノーファウル、もしくはオフェンシブファウルがコールされることになったが、NBAファンにとっては歓迎すべきルール改正と言えるだろう。

ニューヨーク・ニックスのエバン・フォーニエも、NBAのルール改正を評価しているようだ。

フォーニエによると、これまでのファウルコールに不満を持っていたという。フォーニエのコメントをThe New York Daily Newsが伝えている。

リーグは正しい方向に進んでいる。

僕はこれまですごく不満を持っていた。

何年もね。

何かと比較するのは好きではないが、ヨーロッパから来た選手たちはそれほどフィジカルではないし、身体能力が高いわけでもない。

それなのに、ここのゲームはどんどんフィジカルになっている。

ルーキーの時の僕はファウルを繰り返していた。

「ひどくないか?」という感じさ。

僕は線が細い。

強くない。

リーグは素晴らしい仕事をしてくれたんじゃないかな。

僕たちはアジャストしなければならない。

ファンとしては良いことだと思うよ。

レフェリーを騙そうとしている人たちを見たくないからね。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンやステフィン・カリーなども、NBAのルール改正を好意的に受け止めている。

ファウルをもらう技術に長けているトレイ・ヤングやジェイムス・ハーデンも新ルールに徐々にアジャストしているように見えることから、ファンはもちろんNBA選手たちにとっても今回のルール改正は大成功と言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA