JR・スミス レイカーズ移籍の可能性はゼロ?

【スポンサーリンク】

クリーブランド・キャバリアーズは先日、ベテランガードのJR・スミスをウェイブした。

これにより、元チームメイトであるレブロン・ジェイムスとロサンゼルス・レイカーズで再結集するのではという噂も出ていたが、それは実現しないかもしれない。

ESPNの記者によると、レイカーズがスミス獲得に動く可能性はほとんどないという。



ジェイムスとキャブスで共にプレイしていた当時、スミスは自身を「彼のナイト」と語っていた。

レイカーズに加わる可能性はゼロではないが、カワイ・レナードがロサンゼルス・クリッパーズ移籍を決断した後、レイカーズはダニー・グリーンやエイブリー・ブラッドリーなど多くのベテランプレイヤーたちと契約。

そのため、ベテランのスミス獲得に動く可能性は低いだろう。

なお、昨季のスミスはレギュラーシーズン11試合に出場し、平均20.2分のプレイで6.7得点、1.6リバウンド、1.9アシスト、1.0スティール、FG成功率34.2%、3P成功率30.8%を記録。

キャリア15年を通してニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ、デンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ニックス、キャブスでレギュラーシーズン通算971試合に出場し、平均27.0分のプレイで12.5得点、3.2リバウンド、2.1アシスト、1.0スティール、FG成功率41.9%、3P成功率37.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA