【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「ZO2は準備できてなかった」

オフシーズン中のトレードでロサンゼルス・レイカーズからニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍したロンゾ・ボールは先日、ビッグボーラーブランドとの決別を発表した。

決別のきっかけとなったのは、父と共にビッグボーラーブランドを設立したアラン・フォスターがボールの口座を不正利用したことだ。

だが、ボールはNBAデビューする前からビッグボーラーブランドに不信感を持っていたのかもしれない。

ボールによると、2017年のサマーリーグでクオーターごとにシューズを履き替えたのには理由があったという。ボールのコメントをuproxx.comが伝えている。

「あれらのシューズ(ZO2)に関する真実のストーリーは、誰も知らない。ZO2を履いてプレイしてた。ただ、あのシューズは準備できてなかったんだ」

「もし君たちがあれらのゲームで履いてたシューズを持ってたら、爆発してただろうね」

ボールによると、ZO2は自身のシグネチャーモデルであっただけに、履いてプレイしなければならなかったという。

フロントオフィスはそしてそのシーズン、ボールは度々足を負傷し、レイカーズのZO2に問題があるのではと疑っていた。

一般的なバスケットシューズの倍以上の価格で販売されたものの、話題性だけで終わってしまったボールのシグネチャーモデル。

アラン・フォスターの裏切り行為が発覚して以降、ビッグボーラーブランドも開店休業状態だが、ボールがビッグボーラーブランドをサポートすることはもうなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA