【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「僕が出場する試合は勝てる」

アレックス・カルーソ「僕が出場する試合は勝てる」

昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは、スターターのデニス・シュルーダーとレブロン・ジェイムス抜きでしばらく戦わなければならない。

フランク・ボーゲルHCはボールハンドラーであるシュルーダーとジェイムスの不在を受け、NBAキャリア4年目のアレックス・カルーソを先発ポイントガードとして起用。

カルーソにはレイカーズを牽引するという重要な役割が任されることになったが、カルーソによると、彼にはレイカーズを勝利に導ける能力が十分あるという。カルーソのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

僕が出場すれば、どんなバスケットボールゲームでも勝つことができると本当に思っている。

それは僕のコンペティターとしての性質だ。

ひとりの人間として、そういうマインドセットを持ってこなければならなかったんだ。

もちろんレブロンにいてほしいよ。

彼は多くのことを簡単にしてくれるからね。

彼は何度もファイナルに進出し、何度もプレイオフを勝ち進んでいる。

だが、今もこれからも僕たちには試合に勝てるだけの十分なメンバーが揃っていると思うんだ。

とはいえ、できるならレブロンに戻ってきてもらいたいね。

それは間違いない。

ボーゲルHCによると、ジェイムスはクリッパーズ戦を欠場するものの、その後は毎日の様子を見る状態だという。

いずれにせよ、シュルーダーはレギュラーシーズン残りを全休する可能性があるため、カルーソにはステップアップが求められるだろう。

今季終了後にFAになるカルーソにとって、残りのシーズンは自身を再アピールする機会ともなりそうだ。

なお、カルーソの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数53179
平均出場時間20.618.8
平均得点6.05.8
平均リバウンド2.9
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.62.3
平均スティール1.1
(キャリアハイタイ)
1.0
平均ターンオーバー1.21.1
FG成功率42.9%42.7%
3P成功率40.0%37.6%
フリースロー成功率65.7%
(キャリアワースト)
72.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA