【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「フラストレーションが溜まる」

ジェイムス・ハーデン「フラストレーションが溜まる」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは、今年の夏にオプションを破棄し、完全FAになると見られている。

ハーデンが完全FAになるのは長いNBAキャリアを通して初めてのことだ。

ハーデンはネッツに不満を持っており、FA市場で他チームからのオファーを受け付けると噂されているが、この噂についてハーデンが言及した模様。

ハーデンはFA市場の噂について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

聞いてくれ。

僕はどんな記事にも目を通していない。

もちろんフラストレーションは溜まっているよ。

なぜなら、僕たちは健康な状態ではないからね。

いろんな理由で不安定なことがたくさんある。

フラストレーションが溜まる。

この組織の全員がフラストレーションを溜めているんじゃないかな。

僕たちは今の成績以上のチームだし、上昇気流に乗っているはずだからね。

そういうことだ。

ハーデンはブルックリンでの生活を楽しむことができず、また「パートタイム選手」としてプレイするカイリー・アービングの状況やスティーブ・ナッシュHCの選手の起用法に不満を持っていると報じられた。

ナッシュHCによると、この件についてはハーデンと話をしていないという。

何を信じたらいいのか分からない。

ジェイムスと僕は常に話をしているし、素晴らしい関係を築いていると思う。

だから、正直言うと彼が本当にそんなことを言ったのか確信が持てないんだ。

ハーデンは現地25日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で33得点、12リバウンド、11アシストとトリプルダブルの活躍でネッツを牽引した。

だが、NBAオールスターのケビン・デュラントとアービング不在のチームを勝利に導くことができなかった。

デュラント離脱以降のネッツは調子を落とし、簡単に勝てない試合が続いているだけに、ハーデンがフラストレーションを感じるのは当然なのかもしれない。

なお、現在2連敗中のネッツの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/26デンバー・ナゲッツホーム
1/29ゴールデンステイト・ウォリアーズアウェイ
2/1フェニックス・サンズアウェイ
2/2サクラメント・キングスアウェイ
2/4ユタ・ジャズアウェイ
2/6デンバー・ナゲッツアウェイ
2/8ボストン・セルティックスホーム
2/10ワシントン・ウィザーズアウェイ
2/12マイアミ・ヒートアウェイ
2/14サクラメント・キングスホーム

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA