【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンはアンドリュー・ウィギンスの覚醒を確信していた?

ドレイモンド・グリーンはアンドリュー・ウィギンスの覚醒を確信していた?

ゴールデンステイト・ウォリアーズはボストン・セルティックスとのNBAファイナル第5戦を制し、NBAタイトル獲得に王手をかけた。

ウォリアーズではNBAオールスターのステフィン・カリーが不調だったものの、もうひとりのNBAオールスターであるアンドリュー・ウィギンスが大活躍。

今季初めてNBAオールスターに選出されたウィギンスの評価が見直されつつある中、ベテランフォワードのドレイモンド・グリーンはウィギンスの覚醒を確信していたのかもしれない。

グリーンによると、ミネソタ・ティンバーウルブズ時代にウィギンスとともに過ごしたトム・ティボドーHCとジミー・バトラーがウィギンスにお墨付きを与えていたことから、ウィギンスがウォリアーズで成功すると信じていたという。

グリーンはウィギンスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ティブスはこう言っていた。

「君は彼のことが大好きになるだろう。彼はコンペティターであり、ディフェンスもある」とね。

彼は「ジミー・バトラーも彼のことをすごく気に入っている」と話していた。

ジミー・バトラーがどんな男なのか、僕たち全員が知っている。

もしソフトなら、ジミー・バトラーに気に入られないだろう。

それがジミーだ。

ウィギンスは普段は大人しいというが、それでもバトラーから気に入られているのだから、ウルブズ時代からよほどハードワークを積んでいるのだろう。

ジェイレン・ブラウンとジェイソン・テイタム擁するセルティックスとのNBAファイナルにおいて貴重なディフェンダーのひとりとして活躍しているだけでなく、スコアリングでも貢献しているウィギンス。

ウィギンスにはトレードの噂が挙がっているものの、指揮官のスティーブ・カーHCが「NBAファイナル進出の大きな鍵はアンドリュー・ウィギンスだった」と語ったように、これからもウォリアーズにおいて重要なひとりとして活躍するに違いない。

なお、ウィギンスのNBAファイナル5試合のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
出場時間34:5530:3040:2243:2542:25
得点2011181726
リバウンド5671613
アシスト02222
スティール10212
ブロック30201
TO12320
FG成功率53.3%
(8/15)
33.3%
(4/12)
43.8%
(7/16)
41.2%
(7/17)
52.2%
(12/23)
3P成功率28.6%
(2/7)
66.7%
(2/3)
16.7%
(1/6)
33.3%
(2/6)
0%
(0/6)
FT成功率100%
(2/2)
50.0%
(1/2)
75.0%
(3/4)
50.0%
(1/2)
66.7%
(2/3)
+/--11+19-16+20+12

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    例の件を思い出すとバトラーがウィギンスを気に入っていたとは到底思えないのだが…
    裏返しとでも言いたいのかティブスは?

*

CAPTCHA